赤羽支店の管制を担う部署で、隊員のシフト管理や現場配置およびクライアントからの受注管理事務を担当。
隊員の通勤の利便性に配慮して、できるだけ移動時間が少ない現場に配置するなど、
すべての隊員が気持ちよく警備に従事できるように配慮することが一番重要だと考えています。
また、隊員間の人間関係のケアや、不意に欠員が生じた場合にも、隊員に快く現場対応してもらえるように、普段から関係性を構築するよう心がけています。
そのためには隊員からのメールなど、現場の声をできるだけ引き上げ、応えられるように気をつけています。

隊員さんとの人間関係の構築。
それが私の使命。

担当部署における業務の醍醐味、責任
少ない隊員数で多くの現場の配置をしなければいけないときや、欠員が生じたときにその現場に隊員をうまく配置できたときの達成感が管制という仕事の醍醐味ではないでしょうか。これまでに一日最大で50カ所の現場に隊員の配置を行ったことがありますが、このときは現場の監督と人数調整や配置などについて直接電話で打ち合わせたり、本来シフト外だった隊員に急遽出勤交渉を行って事なきを得ました。
業務におけるエピソード
仕様では3人必要だった現場において、急遽1名の欠員が生じたことがあります。下水管新設工事の現場で、休日を除いて1年にわたり道路を三箇所通行止めにするため、警備人員が3人必要でした。この日は私が出勤すると同時に現場監督から電話連絡があり、隊員一名が現場に未着とのこと。本人に連絡を取ろうとしたのですが電話に出ないため、隊員20人以上に電話をかけて代替要員を探しましたが、結局その穴を埋めることはできず、現場監督に謝罪するとともにリーダー隊員に事情を説明し、2名での対応を要請。休憩時間などをやりくりすることによって、なんとかその日の業務を終えてもらうことができました。後日、3人分の働きをしてくれた2名の隊員には個人的にお礼をしてフォローアップを行いました。余談ですが、この日突然欠勤した隊員とはその後も連絡が取れず、そのままフェードアウトとなってしまいました。残念ながらこの業界では決して珍しいことではなく、日頃から隊員との人間関係の構築や、距離感の大切さを痛感させられる出来事となりました。
きたむらで働く魅力
同年代の女性社員が多いため、わからないことを聞きやすく、互いに協力し合える職場です。頼りになる上司がいることも当社の特徴。突発的な欠員が生じた場合などに的確な方法で解決に導いてくれました。
警備とは?
工事現場や道路での安全確保に対するお手伝いです。工事現場を通りかかる一般市民の安全を守ることはもちろんのこと、工事現場で働く人々を事故から守り、安全かつ遅滞なく工事を進行させることが警備の役割だと考えます。
これからの目標
みんなで協力し合い、仕事が円滑に進むことがたいせつなので、そのためにはまず自分が引き継いだ案件に対してすべての社員が状況を把握できるよう、内容に漏れがなく的確な報告を上司にあげることを心がけます。また、勤務している赤羽支店に限らず、他支店も含めて全体を見られるようになりたい。
仕事の失敗談
現場の集合時間や業務の内容などを記した指示メールを、間違えたアドレスに送ってしまったこと。休みを申請していた隊員をシフトに組み込みそうになったこと。どちらもケアレスミスなので、日頃の業務を緊張感を持って取り組むようにしていきます。

page top

© 2019 KITAMURA co.ltd.,